【報告】ゆるまる会

今月もやりました!ゆるまる会。
大人7名、学生2名、子ども見守りボランティア1名、子ども3人の参加でした。
久しぶりに大人数でしたね。

今回は始めて来てくれた親子が参加してくれました!先日の不登校トーク&カフェにも参加された方でした。
子ども達はそれぞれでゲームしたりして過ごしてくれていましたね。来てくれてありがとう。

不登校と一口に言っても、その子その子で状況も違うし、家庭の内情も違うし、ほんと様々なんですよね。
そして通っている学校によっても、対応の仕方が全く違っていたり。
だから「学校に来なくなりました!じゃあこうすれば直ぐに戻れる様になりますよ!なるべく早く問題を解決出来るように皆で頑張りましょう!」みたいな事にはならないし、出来ないと思う。

そこを考えるのではなく、少しぐらい学校へ行っていない時期が長引いたとしても、もし子ども本人がまた学校へ戻りたいと思ったら、無理の無いようにスルッと戻れるシステムを考えていく方がいいのになと思います。

やり直しが簡単に出来るようにしたら良いのかも。勉強は特にね。

そしてもちろん、学校へは行きたくないという子には、別の場所でも色んな事を学んでいってもいいんだよということが、当たり前に言ってもらえるといいよな~。

学校(義務教育期間の)へ行くのと同じく、別の場所でも無料で学んで行けると家族も無理なく考えられる。

どうしてそういう風になっていかないんだろう?

学校へ行きたい子は行けばいいし、行きたくない子は違う場所へ行けばいいし、学校へ行ったり違う場所にも行きたい子はどちらも出来ればいいし、家にいたい子は家で過ごせばいいし。

人は一人一人違う、個性を大事にしよう。という流れが少しずつ世の中に出てきているのならば、このぐらいの選択肢があってもいいんじゃないかな~って思います。

あ~~。久し振りにずっと家で過ごしている(本人にとっては過ごしたい訳ではないが、こうならざるを得ない。)子どもの姿を見てると、何だか言い様のないグツグツしたものが腹にたまってくるんですよね。
もっと何とかならんのか!色々悩むのはもちろん良いことなんだけど、それにしてもこれは悩まないでもいいような事が頭を占領していて、ホントに悩むべき事を悩む容量が残っていないではないか!

そんなことをズーッと考えていますよ。


来月のゆるまる会は3月10日の土曜日です。良かったら寄っていって下さいませ!

【再告知】ゆるまる会

明日やります!ゆるまる会。
2月10日です。

ああ~~~。
子どもの受験が近づいて来るよ~ん。
どうなんのかな~~。家から出られるのかな~?

きっとどうにかなるんだと思うけど、それまでが心ここにあらずって感じで落ち着かない!

つい数日前も夫と怒鳴り合いの喧嘩しちゃった。
その声を聞いて、心配したんだろうね、部屋から下の子がおりてきて、私はその喧嘩テンションのまま子どもに「どう考えてんだかパパに自分で言ってごらん!!」って言っちゃった。ひどいね。

うちの子達は自分の思っていることをあまり口にしないのです。特に夫には。
どうせ言ったって無駄だって思っているのね。

その時も夫が一方的に自分の考えを子どもに押し付けていたな。「あと少ししか中学校生活ないんだから、頑張って学校行きなさい!」「卒業式はどうするんだ?」「高校なんて行かなくたってバイトでもすればいいんだから、中学校にはちゃんと行きなさい!」「パパは卒業式に出たいんだよ!上の子の時にも行けなかった、悲しかった、だから君の卒業式には行かせてくれ!」

高校なんて行かなくたっていいと言うところと、上の子の卒業式に出れなくて悲しかったと言うところは同感しましたが、他は「はあ~?だから行けるんだったら行ってるんだっての!」ってさらに腹が立っちゃって。

子どもは「卒業式には行くし!」「学校に行けるんだったら毎日行ってるんだよ!でも行けないんだよ!」って言って泣いていました。凄く泣いていた。
あんなに感情をあらわにしているあの子を見たことがなかったから、私は心の中で「ヨッシャー!いったれー!」とちょっとわくわく?というか嬉しくなってしまったんですね。
受験してもし受かったとしてもその後の高校生活が不安だということも言っていました。

ああ、やっぱり色々と自分でも考えているんだな。不安がたくさんあるんだな。そりゃそうだよな。
だから動けないんだよな~。

安心させてあげるには、やはり私達夫婦がしっかり話し合って、子どもに対して同じスタンスで接してあげられるようにならなくちゃダメなんだと思います。

同じこと何度も言って「もういい!俺は知らん!」って言われるのホントキツいんだよな~。でも負けないぞ。
何故なら今の私には親の会の仲間がいるから。同じ様に色んな思いをしながらも、子どもを守っている人達がたくさんいるって知っているから。

だから私も子ども達の未来が明るくなっていくことを願って、自分の出来ることを頑張って行きますよ。無理しないようにね!

なんて事など一緒に話しませんか?
ゆるまる会で!

日時:2月10日13:30~16:30
場所:中央区南8条西2丁目 市民活動プラザ星園401号室(訪問と居場所漂流教室の事務所兼居場所、漂着教室をお借りしています。)
参加費:大人300円、お子さん連れ500円(お茶とお菓子がつきます。子ども見守りボランティアをお願いしています。)


いつきても、帰ってもオッケーです。連絡不要。
もしご都合よろしければ寄っていってくださいな。

【感想】不登校トーク&cafe第二部について

感想の続きです!

第二部はカフェ形式で、登壇した青年達も交えて各テーブルで、何人かでお茶しながらお話しするという形でした。
テーブルの上にはお菓子も用意されていましたよ。

私がついたテーブルには、登壇者の体験者の青年と学校関係者、医療関係者、親、と結構いいバランスの面々が集まっていて、青年を中心に質問が飛んだり親の立場での辛さなどを話したり、今の学校での不登校に対する先生の認識とか、医療側からの支援をどうやって行くか?とか、様々な内容の話がそれぞれから出ていてとても興味深かったです。

このテーブルの人達でトークセッションやったらいいんじゃないの?みたいな、それぞれの立場での悩み事とか中々聞く機会ってないですからね~、とっても貴重な時間だったなって思いました。

そして私はとても嬉しかったんです!
学校や医療関係者の方々が、今の不登校の現場に対して興味を持ってこのような場に足を運んでくれたということが!
一緒にお話しをさせていただいていて、何とか力になっていきたいと思ってくださっているのが伝わってきました。有り難いことです。

押し付けがましいその場限りの同情みたいなものは要らないんです。
どうやったら子ども達も元気に親も安心して過ごして行けるようになるのか、色んな人達で「ウ~ン。」って考えて行くのが、これから先の何かに繋がっていくことになるんだろうな~って思いました。

そうそう!
第一部の終わりに、今後の活動の目標は?みたいな質問があったんですけど、青年達はふたりとも「自分の経験や、大学で勉強してる事等を活用して、フリースクール等で働いてみたい。」と言っていましたね。それには現在フリースクールで働いていらっしゃるMCの方が「嬉しいですね~。」と感激されていましたね。私もいいなと思いました。そして私も大学で一緒に勉強したいなと思いましたよ。

そして最後に「不登校ということが特別なことではなく、誰にでも起こりうる事なんだということが、もっと世の中に広まって行けばいい。」
そんな風に話してくれました。

これからはこういった気持ちを持った若者達が、また新しい価値観とかを広めて行ってくれるのかな?って凄く感じた日でした。
これはこの前に行ってきた北翔ポルトの講演会でも感じた事で、若者達が不登校とか生きずらさとか貧困等というワードを、自分の体験してきたことを自分の言葉で他の人たちと共有出来ることが私には羨ましく眩しく感じました。

みんながみんな分かり合える訳ではないけれど、でも「そんなこともあるよね~。」「じゃあ、こうしたらいいんじゃない?ここに行ったらいいよ。」って、スラッと普通に言える世の中になっていって欲しいな~って改めて思ったのでした。

長くなった!
でも本当に、色々な不ととらえられている事柄が、普通に話せて聞いてもらえて、解決できることは出来る場に直ぐに繋がって、少しでも早く困っている事から抜け出せる様になりますように。

私はそんな気持ちを持ってこれからも親の会を続けて行こうと思いました。

【お知らせ】不登校を考えるシンポ

今朝の北海道新聞にこんな記事が載っていましたよ!

f:id:miraihemukau:20180206071501j:plain
見れるかな?

その日はゆるまる会があるので私は行けませんが、もしもご都合つく方いらっしゃいましたら行ってみてはいかがでしょうか。
不登校と居場所・自立支援とは-保護者と先生にできること・できないこと」
9日までに直接申し込みしてくださいませ。

いや~。どんな話が聞けるんでしょうね!興味深いなー!

【感想】不登校トーク&cafe第一部について

2月3日土曜日、エルプラザの中研修室にて開催されました「不登校トーク&cafe」へ参加してきました!

何度か参加している「不登校相談会」が、少し前からちょっとずつカフェ的な場になるように考えられていて、参加された方々がより話しやすく交流できる場になって来ているのではないかな?少しゆったりした雰囲気になっていいなと思いました。

第一部の体験者トークでは、青年ふたりが当時の気持ちなどを話してくれました。

私はけっこう人の話を聞いていると、同じ様に苦しく感じた事がフラッシュバックされやすく、直ぐに涙が出てしまうんですね。
でも、今回の青年達の話は聞いていてもそれがなかった。
彼らはきっともう当時の苦しさ等からは脱していて(だからこそ人前で話せるんだと思うんだけど)だから私は苦しくならずに聞けたんじゃないのかな?って思いました。

そして、MCの方の話し方、質問のふり方、雰囲気がとても落ち着いてみえて、青年達との信頼感?というか一体感?が垣間見られてとってもいいな~って感じました。
だから彼らもリラックスして話せたのかもしれませんね。

今回の青年達はどちらも、親に学校へ無理に行きなさいとは言われなかったと話してましたね。
だからこそ、自分で高校へは進学すると決めて、それまではそれぞれ自分の行きやすいフリースクールへ通えたのかな?って思ったんですよね。

親にギャーギャー言われたら、その事で頭がいっぱいになってしまって、自分で自分の事を考える余力がなくなってしまうのではないかと思うんですよね。

やっぱり家でゆっくりと休ませてあげて、いったん学校の事は忘れなさいってくらいに親が言ってあげてもいいんじゃないかと思うんですよね。

きっと早くに家の中が居心地良くなっていけば、子どもは「学校へ行かねばならない!なのに行けない、そんな自分が嫌だ、どうして良いのか分からない!」という苦しみから早くに離れられて、ゆっくりと自分の事を色々と考えて行く事ができる様になるのかなと、彼らの話を聞きながら改めて思ったのでした。つづく。

次のブログで第二部のcafe形式の事について書きます!

【お知らせ】不登校トーク&cafe

明日あります!「不登校トーク&cafe」
主催は特定非営利活動法人北海道フリースクール等ネットワークです。

私も参加します。ゆるまる会メンバーも何名か参加する予定です。

皆でお茶など飲んでゆっくりとお話ししませんか?

子どもが学校へ行かなくなって数ヶ月、このままこの子はどうなっていくんだろう。
ずっと家から出なくなるのだろうか?勉強はどうするの?将来はどうなるの?
親はどう接したらいいのかな?

たくさん疑問や不安に感じることがありますよね。

何でこんなに不安になっちゃうのか、それはまわりに同じような状況になっている子の姿が見えないから、うちだけだと思っているから。

でも家から親だけでも一歩外へ出てみたら、何とビックリ!えっ?こんなに同じような事で悩んでいる親御さんや子ども達がいるんだ。
なーんだうちだけじゃないんだ。
それに、学校へ行っていなくたって、子ども達はそれぞれの進み方でそれぞれの道を歩き続けているんだ。
じゃあうちの子達のことも信じて見守っていけば何とかなるのかな。

これは、私が初めて大きな相談会(というか不登校の全国大会の北海道での開催)に参加したときに感じた事です。
良い意味でスゴいショックを受けました。
「し、知らんかったわ~、言ってよみんな~。」みたいな。
いや、だけど悩むんですよ!悩むんだけどね、孤独に悩むんじゃなくって、みんなと悩んでいる感覚?絶望じゃないの。むしろ希望なの。
この子達はどういう風に大人になっていくのかな?他の子達とは少し違う進み方になるけど、何を見つけてどんな風に考えて暮らしていくのだろう?
何か心配しながら楽しみにしてるのね。

たくさんの人に会って、それぞれの家庭の在り方、それぞれのお子さんの状況、色んな話を聞かせてもらっていると、「あー、本当にみんなそれぞれだな~、それでいいんだよな~。」って思っちゃうんだよね。

今回はcafe形式で、ゆったりまったりな雰囲気になるのかしら?ちょっと私も行ってみないと分からないけど、いつものゆるまる会の様な感じで参加しようと思っています。

親の会はちょっと敷居が高い、何か行くのが少しこわいって思っちゃっている方でも、もしよかったら試しに参加してみてはいかがでしょうか?
他の方の話を聞いているだけでも、少し自分の気持ちが軽くなる事があるかもしれません。

第一部:不登校体験者トーク(9:15~9:55)
第二部:おしゃべりcafeタイム(10:00~11:30)
に分かれているので、参加出来る方だけでもいいですよね!
体験者トークの方では、当時の気持ちなどを二人でふりかえってはなしてくれるそうです。
現在不登校真只中の我が子には、中々どんな気持ちでいるのか、どうしようと思っているのか聞けないし、聞いたとしても問い詰めても本人も分からないし話してくれませんからね。(うちはそうでした。)

だからこその体験者の方々の言葉は、色々考えて行くきっかけになるのかなって思います。

日時:2月3日土曜日9:00~11:30
場所:中央区北8条西3丁目 エルプラザ中研修室
参加無料、申し込み不要、当日会場へおいでください。
早い時間帯ですが、ご都合よろしければぜひご参加くださいませ!

【告知】ゆるまる会

今月もやりますよ!ゆるまる会。
2月10日の土曜日です。

またあっという間に1ヶ月が経ってしまった。
YouTubeを見まくった1ヶ月であった。
最近のお気に入りユーチューバーは、井上ジョーNARUTOの曲を作った人らしい。

英語と日本語が入り交じっていてめちゃ面白い!
アメリカの学校の先生をタイプ別で演じていたりします。顔芸。ご興味持たれた方は是非見てみてください。

さてさて、うちの受験生はすっかり家に籠ってしまって、外に出なくなっちゃってますよ。
ま、行くとこもないしね。
受験日が刻一刻と迫ってきているけど学校へは行けず、かといって家で勉強する気にもならず。
そして私も何もしてやれず、取り敢えずご飯と寝るときに湯タンポ用意してあげるくらいでさ。

悩ましい。
子どもには「もう自分の考えている通りにやっていくからほっといて!」って言って欲しいのね、私は。そしたら、「あ、そう?どうぞどうぞ、そしたら出来ることだけ応援するね!」って言うだけだもん。お金必要ならパート増やせばいいんだもん。

しかしうちの子はやりたいことなどないし、なりたいものもないし、家で静かにしていたいんだと思う。今はね。あ、家で静かにしていたいんだってのはやりたいことになるのか。

ふう。次のステップへ進まなければならない、この時期が来たら強制的に皆が揃って向かっていかなくてはいけない!というのはけっこう乱暴な事なんじゃないかな~って思っちゃう。
そしてそれが当たり前な事なんだって思い込んでいる人に、「違うやり方とか進み方でもいいんじゃない?」と言うのを分かってもらうのはとても大変です。

でもやっぱり子どもが進む道は子どものものだし、親がこうしたい、こうさせたい、こうなって欲しいというのは、子どもに押し付けてはいけないんじゃないのかな?って思うよ。

私はけっこうそういう思いが強い方なので、先走ってあれこれ余計なお世話を焼いてしまったのですけど、結果こうなればいいなという事には見事になっていないので、色々思い悩むのは無駄なのかも知れない。でもやっぱり思い悩むのは癖みたいなものだから悩むんだけどね。
あー、自分がめんどくさい!

長くなっちゃった。
こんなあーでもない、こーでもない、どーしよーもない。でもまー、なんとかなるよね。子どもは可愛いしね!みたいなことなど一緒に話しませんか!

日時:2月10日土曜日 13:30~16:30
場所:中央区南8条西2丁目 市民活動プラザ星園401号室(訪問と居場所漂流教室の事務所兼居場所、漂着教室をお借りしています。)
参加費:大人300円、お子さん連れ500円(お茶とお菓子が付きます。子ども見守りボランティアをお願いしています。)

いつ来てもいつ帰ってもオッケーです。連絡不要です。
どうぞご都合よろしければぜひ寄っていってくださいませ。